A Day with Thomas, England, June 24-26, 2005

〜トーマスに会う旅〜

大好きなんだ〜♪

準備。

今回私たちが行ったトーマスのイベントは二つ。一日目はKent & East Sussex Railwayという保存鉄道で、二日目はColne Valley Railwayという保存鉄道。この保存鉄道はイギリス各地にあって、毎週末どこかの保存鉄道で何かしらのイベントを行っている。トーマスのイベントは人気があるのか、各地で頻繁に行われているよう。各保存鉄道のイベントスケジュールはこちらでチェックできます。私たちがこの二つの場所を選んだのは、一つは日程にあっていたから、ということと、もう一つの理由は、色々検索した結果この二つの保存鉄道ではちゃんとしたトーマスの復元(?というかな?)を使っていたから。保存鉄道の中には既存の機関車を青く塗って、顔の部分にトーマスの顔を描いた鉄板を張るだけのものを使っているところもあると聞いたので、どうせわざわざイギリスくんだりまで行くのであれば、ちゃんとトーマスを復元しているところに行きたいなーと思って、色々調べてみた。調べ方は、各保存鉄道のホームページに必ずある、「フォトギャラリー」をチェックする。そこにトーマスイベントの様子も載っているので、その写真をチェック。ハリボテトーマスを使っているところはトーマスの写真が載ってなかったりする場合が多いので、そういう保存鉄道ははじいて、ちゃんとしたトーマスを使っているところだけに絞り込んだらこの二つの場所になった、というわけです。行く場所が決まったら、チケットの予約。値段はまちまちですが、大体平均して8ポンドから12ポンドくらいが相場でしょうか。(子供料金有り)ホームページ上に書かれている予約方法に沿って予約します。直接電話で、というところが多いけど、中にはチケットマスターのようなところを通してインターネット予約することが可能な場合も有り。チケット代には入場料・機関車乗車券・その他イベント参加券が含まれている場合が多いです。トーマスや他のキャラクターひく電車に乗るのですが、時間が決まっているので、希望の時間を伝えて予約します。支払いはクレジットカードでOK。

イベント1日目。

イベント会場。思ったより小さかった。

一日目のイベントの場所はロンドン郊外にある私たちが泊まったホテルから南に約1時間のTenterdenという町にあった。12時25分の機関車乗車券を持っていたので、十分に間に合うように10時にレンタカーでホテルを出た。けれども、途中大渋滞にハマり、その上ナビゲーターである私のミスで降りなくてはいけない出口を通り過ぎ、挙句の果てには何でかまったくわからないけれどもいつの間にやら全然違う高速に乗っていることが判明。2時間半もあったはずの移動時間が、軌道修正した頃には予約していた乗車時間10分前。あえなく乗り過ごした私たち。車内では長時間のドライブに飽きた子供たちがぴーぴーきゃーきゃー騒いでいるし、私はドライバーのむろと一触即発の険悪な状態になってるし、もう最悪。最終的についたときにはすっかり疲れ果てていた・・。が、ついてから事情を説明したらあっさり「じゃあ次の電車に乗って下さい。」と言われた。あー、良かった。

 

周りを見回すと、駅舎の周りでは色々な催し物が行われていた。ハンバーガーやホットドックが売られている小屋、たくさんのトーマスグッズが売られている小屋、何でかしらんが紙芝居小屋や、マジックショーなんかをしているところもあった。みんな自分の乗車時間が来るまで周りをぷらぷらしている。駅のホームでは時々トーマスが線路に入ってきて、そのたびに子供たちの歓声が上がっていた。そのうち私たちののる機関車がやってきて、乗り込むように指示された。乗車時間は1時間、ということだったので飲み物とホットドックやフライドポテトなんかを購入して乗り込んだ。私たちの列車を引くのはトーマスではなくて、ダグラス。その前の電車を引いていたのはディーゼルだった。他にもメイビスやダックなんかがいた。トーマスのキャラクターの中ではマイナーなキャラばっかりだったのが残念。トーマスの次に人気のパーシーとかゴードンなんかはあまり他の保存鉄道でも出てこないみたいなんだよねー。りっきはパーシーが大好きなので、残念だったわ。

 

トーマスの前はいつもたくさんの人が集まっていた。

 

車内。古い電車をそのまま使っている。なかなか渋くて素敵な内装。

ファーストクラスの席。私たちは三等席だったけど、それでも全然問題無しでした。

 

蒸気機関車なんだから当たり前なんだけど、煙が出てるのを見てなんだか感動したよー。音もいいよねぇ。

 

りっきとほたかもご満悦。うれしそうに車内をうろちょろしていた。汽笛が鳴るたびにきゃっきゃ言ってた。

 

トーマスに乗って、汽笛をポーッと鳴らせます。

二人が飲んでいるのはトーマスのジュース。

保存鉄道、というだけあって、現在は使われていない鉄道路線なので、走ったからといってどこまでもいけるというわけではなく、1時間の乗車時間も30分ほど走って止まり、先頭の機関車の連結をはずして後ろに戻して、最後尾だった客車に連結しなおしてまた来た道を戻る、ということをしていた。でもここの保存鉄道はまだ線路が長いほうで、二日目の鉄道では乗車時間はたったの15分、5分走って5分止まって5分走って戻る、という感じだった。それでも子供たちは初めて乗る蒸気機関車に大ハシャギで、窓から顔を出したり車内を探索したりとなかなか楽しそうだった。機関車を降りて、私ととしみんは早速お買い物。オランダでは売ってないトーマスグッズがたくさん並んでいるお店に出かけた。ここで私はかなりの散財・・。ポンドはユーロの1.5倍だってことをすっかり忘れてたよ。(汗)まあでも、オランダには売ってないしね。りっきもきっと喜んでくれるし!と自分にいい聞かせる私。でも後でくるカードの請求がちょっと怖い・・。

計3時間ほどの滞在だったけど、なかなか楽しめました。帰りの車の中で運転手のスティック(としみんの旦那)とナビゲーター役のとしみん以外はみんな熟睡。行きと違ってあっという間についちゃいました。

 

イベント2日目。

二日目。この日は帰る日でもあるので、ホテルを早めにチェックインして車に乗り込んで出発。今度は北上。Castle Hedinghamという町にあるColne Valley Railwayという保存鉄道へ。今回は渋滞もなく、間違いもなく、無事予定通り到着。今度の会場は何にもない原っぱのような場所。そこにぽつんと駅舎が立っていた。駅舎の前に広がる原っぱには簡易ステージが設置されていて、そこにたくさんの人たちが集まっていた。どうやらここでショーが行われるということらしい。しばらく待っていると、トーマスのテーマとともにトーマスが貨車をひいて走ってきた。子供たちの歓声があがる。りっきやほたかも食い入るようにトーマスを見ている。そのショーは、トーマスが引いている貨車に火事がおき、後ろからメイビスという機関車がやってきて、火事を起こしている貨車の連結をはずし、お客の中から選ばれた男女5人ずつの子供たちがバケツリレーをして火を消す、というもの。実際のトーマスのお話の中にも同じような話があるから多分そこから考えたショーなんだろうね。火事は無事に消え、トーマスのテーマとともにトーマスは去っていきました。

イベント開始以来最大の来客数だ、とスタッフの人が言ってました。でも会場がとても広いので、ものすごく混んでるという感じではなかったな。

 

火事だ〜!!と離された貨車。

デイジー。かなり顔が怖いんですが・・。(笑)

 

二日目のイベントは一日目より値段が安かったこともあり、少しちゃちな感じが無きにしもあらず、だったけれども、天気もよかったし、一日目とは違ったキャラクターに会えたりしたのでまあよかったかな。これがもし、このイベントだけだったらちょっと物足りなかったかも。5月以降は週末になるとかならずどこかでトーマスイベントをやっているので、色々違う場所のイベントをはしごするのもいいと思う。イベントによっては機関車に乗れないで、ただトラックに入ってくるトーマスや他の機関車が動いているのを見るだけ、というのもあるらしいので。各イベント、それぞれ色々な催し物を企画しているようなので、どこにいってもそれぞれそれなりに楽しめると思います。

2歳児のために高いお金払ってわざわざイギリスまで行っても、どうせ覚えてないじゃん!とオランダ人の友人に言われた、ととしみんの旦那は言っていたけれど、私はそれでもよかったと思う。覚えていないだろうけど、でも写真もたくさん撮ったし、ビデオもたくさん撮ったし、私たち親が覚えていてあげて、あとで教えてあげればいいんだもんね。なによりも、目をまんまるくして食い入るように機関車たちを見つめていたりっきとほたかの顔を見れただけでも私たちは大満足よ。子供のイベントだけど、大人もちゃんと楽しめます。行って良かった!

番外編。

私たちが泊まったホテルのそばに、ヨーロッパ最大のショッピングモールがありました。旅の初日にすることがなかったので行ってみたんだけど、すごかった・・。アメリカにもでかいショッピングモールあるけど、私が行ったどこの巨大ショッピングモールよりもでかかった・・と思う。お店もそそられるお店がたくさんあって、これがオランダにあったなら・・と思ったよ。ちょうどセール中で、どこもかしこも安くなってたけど、でも、ポンドなんだよね・・。安い!安い!と子供服をガンガン買ってしまったけど、よく考えるとそうでもなかったりして、後で青くなった。ああ、更にカードの請求が怖いよう・・。でも、かわいい子供服たくさん買えたからいいのさ。次回はぜひ、旦那子供無しで行きたいもんです。(笑)

2階建てのモール。一日あっても回り足りないくらい。でかい観光バスで乗り付けてたくさんお客さんがやってきてました。

トーマスはイギリスでは大人気。おもちゃ屋でもたくさんトーマスグッズが売ってたよ。子供服屋の前にはこんな乗り物が。

おしまい。