マーストリヒト郊外グルメの旅 2003年11月8日〜9日

マーストリヒトには山(?)があります!

週末を利用して、ママ友、うっしーの住むマーストリヒトに行ってきました。とはいえ、今回行った場所はほとんどがマーストリヒト郊外に点在する、ベルギーの小さな村々やリエージュという町。グルメな地方で有名なこのあたりを二日間、堪能してきました。

マーストリヒトは私たちの住んでいるアムステルダム近郊からひたすら南下して車で2時間くらいのところ。距離にして約190キロ。車嫌いのりっきー、2時間も耐えられるか?!と不安だったんだけど、ちょうど出発時間が朝のねんねの時間と重なっていたため、車に乗ったらすぐお昼寝をしてくれて、目的地まであと30分というところまで寝続けてくれたので今回はすごく楽だった。

うっしーの家についてりっきーと1ヶ月違いのケイシー君と久々のご対面。すぐにおいしいパスタのランチをいただいて、さっそく車に乗り込んでお出かけ。まずは国境そばの修道院へ直行!

 

まずマーストリヒトから車で国境を越え、20分ほどいったところにあるAbbaye du Val- Dieuという名前の修道院。ここではビールを醸造しています。早速ビールの試飲へ。

ダークビールとブロンドビール。同じくこの修道院で作られている手作りチーズをつまみにいただきました。・・・・んまいっ!!!

夕食はこれまたマーストリヒト近郊のベルギーの小さな村のレストランで。

150種類以上のビールがメニューに載っていたので、何を飲んでいいのか悩みまくり。

グーラーシュというビーフシチューのようなもの。パプリカで味付けしてあってとってもスパイシー。

ザワークラウトとソーセージ・ハム・ベーコンの盛り合わせ。ボリューム満点。

二日目の日曜日はマーストリヒトから車で30分ほどのベルギーの街、リエージュへ。リエージュでは毎週日曜日朝9時から市場が立ちます。この辺はイタリア系がたくさん住んでいるのでこの市場はイタリア食材が豊富だとか。たくさん買い込むぞ!

リエージュについてみると、市内中央を流れるマース側沿いにたくさんの出店が並んでいます。いったい何キロにわたってあるんだろう?というくらいの店の数にびっくり!

 

おなじみベルギーワッフルのお店。

鶏の丸焼き屋さん。後ろに並んでいるのは全部鶏の丸焼き!すごい数だ・・。

イタリア食材のお店。チーズを購入。

野菜の種類もオランダにはない野菜がたくさん売っています。鮮度も抜群!

巨大なうさぎが!食用か? 

 

 これは食用?ときくと「ペットだ。」という答え。本当か? 

うさぎの丸干し・・。ひぃ。(汗)

たくさん食材を買い込んで満足な私たち。しかしあまりの人の多さにバギーで歩き回るのは一苦労。とりあえず買いたいものを買い込んで帰路に着きました。いやー、楽しかった!

 

これがこの週末の戦利品。(笑)かなーり満足。

修道院ビールに修道院チーズ、修道院ジャム、パスタにキッシュに完熟トマトにサラミにモッツアレラチーズ、パルメジャーノ、巨大卵、そしてついつい雰囲気で買ってしまった(汗)アンティークのお皿。

 

余談ですが、市場で買った卵をゆで卵にしてみました。卵切り器に収まりきらないほどの超ビッグサイズ!と思いきや、中を割ってみたら双子卵でした。らっきー!と思ったら、他の4個もみんな双子卵。あれってわざわざ作れるのね?知らなかった・・。

マーストリヒト(ベルギー?)グルメの旅、最高でした。また絶対行きたいな!