diary

海外生活、楽ありゃ苦もあるさ。

2002年6月10日までの日記はこちら。

 

zimu7.gif (2386 バイト) 2002年6月28日(金)変な天気。 麻雀合宿の詳細を決めたいと思います。参加希望者は裏室へGO!

NicoNico掲示板裏室を変えたんだけど、いままでの裏室にはあんまり書き込みがなかったのに、今裏室は大繁盛でNicoNicoの方がひっそりとしている。これは、裏室に使ってる掲示板の方がやっぱり使いやすい!っちゅー、皆様の無言(?)の訴えなのだろうか・・。まあ、基本的に掲示板がにぎわってくれれば何でもいいんだけどね。やっぱり毎日色々ごちゃごちゃとやってるわけだから、誰からも反応無い日とかってすごくさみしーもんね。皆様の暖かい(別に暖かくなくてもいいんだけど)書き込みで毎日を乗り越えているNico母です。今後ともよろしく。(なんのこっちゃ)

昨日、ちょっとうれしいことがあってむろがお祝いに、とアムステルフェーン〈私らの住んでる町)にある風車のレストランにつれてってくれました。ここは私の誕生日にも行ったんだけど、かなりうまーい、店でございます。まあ、ダッチフレンチだけど、「ちょっと、シェフ呼んでちょうだい!このソース、ぜっぴんよっ!」って思わず叫びたくなるほど(でも叫ばない)びっくりするくらいうまいっす。なんかねぇ、シェフが色々試行錯誤してメニュー考えてます、っていう苦労の跡がうかがえるのだ。「お気に入り」のページに写真と住所載せてありますから、お近くにお寄りの際はぜひどうぞ。

きのうのルッコラ、結構評判よろしいですな。メールでも何人かから「ぜひトライします!」っていうお言葉いただきました。うさちゃんなんかすでにトライしちゃったみたいね。(はやっ。)いや、あれ、本当にうまいすよ。ある意味京菜や水菜よりもいいかも。京菜や水菜より味が濃くて、でも春菊ほど太く無いからしゃきしゃき感が楽しめる、って感じ。日本の皆様もぜひトライしてくださいな。日本じゃルッコラは高いかな?

さて、今日は市場の日じゃ。なーんか分けわからん天気だけど、ちょっくらいってくっか。それでは皆様また来週。

 

zimukumi57.gif (470 バイト) 2002年6月27日(木)晴れ 麻雀合宿の詳細を決めたいと思います。参加希望者は裏室へGO!

ちょっと前の話なんだけど、家でネットやろうと思って電話回線つなげたら、私のPCにはいってるファイヤーウォールプログラム(ネットにつないでいる時にウィルスを取り込んだりしないようにするとかハッキングとかの管理をしてくれるプログラム)からIPアドレス212.195.14.18のコンピューターがあなたのコンピュータのTCPポート1214に接続しようとしました。」なんちゅー警告がでたのだ!これってようするに、このIPアドレスを持ってるコンピューターを操作している人がネットワークをつかって私のコンピュータに入り込もうとしているってこと?もしかして、は、ハッキング???でも私のPCハッキングしてもでてくるのは大量のNicoの写真と私とむろの恥ずかしい写真ぐらいしかないんだけどなぁ。(無い無い)どっかの会社のえらいひとのPCとでもまちがえてんじゃないの?このプログラム、ウィルスプログラムを購入したら勝手についてきたんだけど、インターネットでホームページを見るたびに「接続しますか?」っちゅーメッセージがでてきてめんどくさいから消してしまおうと思ってたけど、今回の件でとりあえず入れとくことにした。みられて困るものはないけどうちの寂しい銀行口座の残高なんか見られて掲示板にかかれたりしたらはずかしいからね。ふっ。しかし、なんだったんだろう、あれは・・。

どうでもいいけど、このまえとしみんのパーティーの引き出物(?)でもらったカリカリ梅を食べる手が止まりません。私の梅干好きは小さな頃からだけど、このカリカリ梅は特に、一度食べだすと止まらない。かりかりかりかり・・・乾いた音がオフィスに響き渡ります。としみんのところにまだ残ってないかなー。あまってたらもらってこよう。もう無くなっちゃうよー。(涙)

 

zimu63.gif (713 バイト) 2002年6月26日(水)晴れ 麻雀合宿の詳細を決めたいと思います。参加希望者は裏室へGO!

なんか最近さぁ、みょーに物忘れがひどいんだよねー。まあ昔からあんまり物覚えのいい方じゃなかったんだけど、ここのところ特にひどい。家を出るときに忘れないように、ってわざわざ玄関の横においておいたものも忘れるから、じゃあ必ずもっていくかばんの横に、とおいてあっても駄目。じゃあ手に書いておこう!って手に書いても、手に書いたことすら忘れてて、手を洗っちゃってあとで薄ーくなった文字をみて「なんだこりゃ?」

この前は京子ちゃんちに泊まって、その時に忘れたものの数のすごさったら。「旅行に使うからかしてー!」と借りたフランス語会話の本でしょ、Nicoの小さい時のがあったからあげるよ、って言われて「わーい!」って喜んでもらった写真でしょ、私の結婚式にプレゼントを贈ってくれためーたんに、お礼におくろう!とわざわざ作ってくれて、もってきてくれたあちょのトールペイントの小箱でしょ、自分が欲しいって言って買いに行った京子ちゃんちの近所のチーズやさんのチーズでしょ、BBQで余った膨大な量の鶏肉とスペアリブでしょう・・・。でもしっかり借りた漫画とビデオは車の中に入っていた。忘れ物をするときって、本人にとってのその物の重要度が良くわかるよね。ははは。しかし、これらの品々を忘れたことすら忘れてて、あとで「忘れたでしょー!」と言われてやっと気づいた時、ちょっと青くなったよ。やばすぎる・・。とりあえず、自分の名前と住所とむろの会社の電話番号を書いたメモを財布の中に入れとこうっと・・。

話は変わるけれども、この前ピンチェママのうちでしゃぶしゃぶしたのね。その時の大変ゴージャスな発見を皆様にお教えいたしましょう!

shabushabu.jpg (18036 バイト) 箸がつかんでいるこの緑の野菜を見てください。これはルッコラです。オランダでは春菊はとても手に入りにくい代物だし、ましてや京菜や水菜なんて絶対無理でしょう?でも鍋やしゃぶしゃぶやすき焼きにそういう、白菜とはまた違う青物、あるとうれしいじゃない?私は特に水菜が大好きなんだけど、ある日うちで鍋をやった時に、冷蔵庫にルッコラがあって、ふと思ったわけ。ルッコラってちょっと春菊みたいな強い香りと味がするじゃない?じゃあ鍋に入れてみたらどうだろうって。そしたら、最高だったわけです。で、今回もそれをピンチェママに伝えて、ルッコラを2パックお買い上げ。3人で2パックぺろりといけるほどの(次回は一人1パック)ウマさだったわけです!在蘭邦人の皆様、鍋やしゃぶしゃぶにはぜひルッコラを!お試し下さい!まじで、うまいです。

 

zimukumi54.gif (6464 バイト)2002年6月25日(火)晴れ 給料日!

昨日はなんだか調子が悪くてね。ここのところの暴飲暴食がたたってるのかただ単に年なのかなんだかしらんが、とにかくだるかったのー。何かの症状があるわけじゃなく、ただひたすらだるい。こういうときは寝るに限る!と家に帰って2時間ほど爆睡したら元気になりました。夜になってかなり体力も回復してきたので、たまっていた写真の更新なんかをしてみた。

まずは京子ちゃんちで行われたSimon(京子ちゃんの旦那)の誕生日を祝うBBQの会の写真。まあ、なんだかんだといいつつ単なるオフ会だったんだけどね。一応、名目はそんな感じ。で、先週末のとしみちゃんのウェディングパーティーの写真。かなり典型的なオランダパーティーになるときいていて、ぜんぜん期待しないで行ったんだけど、とてつもなく幸せそうなカップルと、その二人を祝う、とてつもなく幸せそうな友人たちが集まってたから、結構楽しく過ごせたよ。みんなのりのりだったね。しかし、Simonが「中学の時に行ったパーティーの時に流れてたのととほとんど同じ曲ばかりだ」と言ったとおり、音楽は最悪だったねぇ・・。オランダのパーティーって大体いつも音楽がひどいのよね。まあでも酔っ払っちまえばそれでも楽しいんだけれども。とにかく、としみちゃんとSTIKはめちゃめちゃ幸せそうだったよ。私らも結婚式(2回も)したばっかりだけど、もう一回やってもいいなぁ。ああいう「幸せの場」って何回経験してもいいねぇ。としみん、お幸せに!

で、この2つのイベントの写真をUPしたんだけれども、これ、二つともパスワード制限させてもらいました。パスワード制限ってはじめは抵抗あったんだけど、やっぱり自分とむろの写真だけならともかく、他の人たちの写真を公の場(ホームページ)に乗せるのは、みんなにちゃんと許可を取ってからじゃないといけないと思うし、でもそれをいちいちやってるのも面倒なんで、とりあえずパスワード制限にしました。中には脛に傷のある過去をもっている人もいるかもしれないし(笑)、顔がでることで「やばい!」人もいるかもしれないしね。まあ、パスワード制限つったって、パスワードは私の本名だから、私に一度でもメールをくれたことのある人はすぐわかるでしょう。

で、もう一つはねこねここねこの続編です。昨日子猫たちは飼い主が迎えに来て帰ってしまいました。ちいちゃな2匹だったけど、いなくなってみると存在感は大きかったねぇ。Nicoが心なしかのびのびしてたよ。(笑)また悶絶モノの写真を9枚載せましたので、お楽しみください!

 

 2002年6月24日(月)晴れ

ちょっくら調子悪くてダウンしてます。

更新&メールのお返事は明日にします。

おやすみなさい・・・・・。

 

 zimukumi15.gif (556 バイト) 2002年6月21日(金)曇り

掲示板をリニューアルしました。あの掲示板、一部の人たちからなぜか最後までダウンロードされない、全部見れない、というようなご指摘を受けてました。ぷらす、うちの両親からは「字が小さい」とも。私としてはみんなが見やすい、使いやすい掲示板を使いたかったので、「見れない」と言われたら、変えるべきだろうと思ってました。で、変えてみたんだけれども、そうなると結構「前の方が良かった。」という意見が多いのにびっくり。まあ、万人が納得するものって、なんでもなかなか難しいものよね。でも前の掲示板を完全に消してしまうのもちょっともったいない気がするのし、むろが裏室の掲示板をあまり気に入ってなかったこともあり、前の掲示板を裏室に変更することにしました。新旧掲示板、今後ともどうかよろしく。

さて、子猫を預かって二日目。彼らのやんちゃぶりはどんどん激しくなっています。とにかくまあおきてるあいだはずっと二匹で走り回っている。あんなに小さな体なのにどこにこんなエネルギーがあるんだっていうくらいの元気振りです。で、寝るときは二匹そろって突然、同時に、眠りに落ちる。不思議なもんです。トイレだって二匹一緒に入ってるんですよ。ご飯も二匹で餌箱に顔を突っ込んでる。これがまた可愛いのなんのって。とにかく何をするにも二匹一緒。あんまり二匹の仲がいいせいかなんだか知らないけれど、Nicoの入る隙はまったくないみたい。相変わらずNicoは二匹のそばに行くと「ふー!!」とうなられています。うなられたNicoは怯えて逃げちゃう。駄目だなぁ。

dekaneko.jpg (18215 バイト) chibineko.jpg (14423 バイト)

見よ、この腹の大きさの違い!ちなみに子猫のほうはかなり接写で撮ってます。Nicoは立って撮ってるんだからね、私。画面に入りきらないNicoが悲しい・・。当たり前なんだけどね、なんかNicoがいつもよりかなりでかく見える今日この頃・・。まあ、この可愛い子猫たちも1年もすればNico並みのでかさになるに違いないんだけどね。

しかし、仲良くなれないものかねぇ。Nicoは彼らのお姉さんにあたる、としみちゃんちのルナとはとても仲がいい。としみちゃんちにNicoを預かってもらうと、Nicoとルナはすぐ二匹でじゃれあうのに・・。なんでこいつらはこんなにNicoにいぢわるなんだろう・・。Nicoは仲間に入れてもらいたいみたいなんだけどねー。かわいそうなNico.(ToT)

さて、今日はこれからライデンに行って、としみちゃんとSTIKのウェディング写真を撮りに行ってきます。パーティーは明日なんだけど、ライデンの町並みにたたずむ花嫁と花婿、っつーショットを撮りたいんだそうだ。オランダでは結構あるよね。町中にウェディングドレスとタキシード着た花嫁花婿が写真撮ってる風景って。注目の的なんだよねー、あれ。あんなこっぱずかしい事は日本人にはできないなぁ・・と思っていたら、できる日本人が私のそばにおりました。(笑)でも、としみちゃんには私の結婚式で本当に色々お世話になったから、今日はたくさん恩返しせんとな!ちなみにヘアメイク担当は、モデルのピンチェママ。彼女の化粧は、本当にうまいよ。皆様も何か特別な行事の時には彼女にヘアメイクを頼んでみてください。普段の3割ぐらいは綺麗になれます。(笑)

来週早々にも「街角にたたずむ花嫁花婿」の写真、載せまっせー。お楽しみに。

 

 zimukumi46.gif (552 バイト) 2002年6月20日(木)雨

前、子猫もらってください!のページで紹介した猫のうち、2匹がむろの上司のうちにもらわれていきました。あれから1ヶ月ほどたって、めちゃめちゃ可愛い盛りの彼らが昨日の夜からうちにやってきました!飼い主家族が来週の月曜日まで旅行にでるため、うちで預かることになったからです。名前はミルとナル。本当は一匹だけ飼うつもりで、名前もオランダのねこだから「風車(ウィンドミル)」の「ミル」を取って「ミル」にしようと決めていた飼い主家族。ところがとしみんが「どちらか選んでください。」ともってきた2匹をどうしても手放すことができず、2匹とも引き取ることにして、もう一匹のなまえは「ナル」ちゃんに決定したそうだ。

小さなかごの中に入って登場したミルとナル。しょっぱなからかなり元気。まだおぼつかない足で、よちよちと部屋の中を探索。どうやらグレーのナルちゃんの方が警戒心が強いらしく、Nicoの顔をみるなり、「ふーっ!」とすごい声で威嚇する。ミルちゃんはかなりやんちゃで、おもちゃを見つけるなり遊びまわる。まずトイレと餌場を決めて、ミルクをあげてみる。こんな小さな体のいったいどこにこんなに入るんだっていうぐらい、喉をごくごく言わせながら飲む2匹。次に餌をあげるとがつがつ食べる。ミルちゃんの方はほっとくといつまででも食べていて、気がつくと餌箱の中に顔を突っ込んで寝てしまう。「おい!」と揺さぶると、はっ!と顔を上げ、こっちを見るが、口の中にはまだ餌が入っていることを忘れているらしく、口を開けた拍子にぼたぼたと餌がこぼれおちる。

しかしこの2匹、小さい割には警戒心が強く、Nicoを見ると2匹でものすごいうなり声を上げる。とくにナルちゃんの方がひどい。時間がたてばなれるだろうと思っているのだが、今現在まだぜんぜんだめ。はたして来週の月曜日まで、彼らが一緒になって遊ぶことはあるのか?Nicoはかなり興味があるらしく、子猫の周りに一定の距離をおいて張り付いている。しかし子猫にふーっ!とやられると、怯えて逃げてしまう。弱すぎるぞ、Nico・・。(-_-;)

まあ、何はともあれ、百聞は一見にしかず、です!見てやってください。そして、一緒に悶絶してください!

ねこねここねこのページに行くにはここをクリック!

 

 zimu10.gif (858 バイト) 2002年6月19日(水)晴れ!

負けちゃいましたね、日本。(涙)昨日は出張先のベルリンのホテルで見てましたよ、試合。なーんであの場面で稲本とサントスを変えるかなぁー。トルシェェェェェェ!どおしたぁぁぁぁ!なーんて、私には詳しいことはわかりません。でも、試合が終わった後、ただ一人笑顔だったヒデ。偉いぞ!やっぱりヒデは最高だっ!何はともあれ、がんばったよ、日本!日本ちゃ・ちゃ・ちゃ!ここは、柳沢慎吾風に、「あばよ!いい夢見させてもらったぜ!」と言ってやりたいね。4年後はヒデも29歳。ベテランだもんね。今度こそは!!!ところで韓国はベストエイト進出決まったんだよね。不思議なことに、日本と韓国両方が勝ったときはすごくうれしかったんだけど、日本が落ちて韓国が残った、となるとなーんとなくフクザツ。なんでやろ。所詮私は日本人・・。

さて、先週末は大忙し!だったよー。土曜日は京子ちゃんのところでBBQ.これがまた楽しかった&うまかった!しかしみんな良く食べたよね。一日中、延々と食ってたね。うちらのオフ会っていつも「メイン」がないんだよね。ただひたすら飲んで食ってしゃべる。でもそれでぜんぜん楽しいんだけど。今回はオフ会、と呼んでいいかどうかわからんけど、とりあえずいつものメンバーで、(総勢30人くらいいた?)ほんとに、よく食べて飲んでしゃべった!

majong.jpg (18070 バイト)その上麻雀までした。参加してたオランダ人たちも興味深々で見てたけど、麻雀って説明するの難しいよねぇ。聞かれた連中は困ってたよ。何はともあれ、一日中口の使いすぎで次の日、顎が痛かった・・。みんなは胃が痛かったみたいだけどね。オフ会の写真、パスワード制御でそのうちUPします。

その後ベルリン出張。むろも有給使って一緒に来た。ベルリンって一度見てみたかったんだって。私の出張っていっても、相手はうちの父ちゃん母ちゃんだからね、むろも別に気を使わなくていいわけだし。だけど、久しぶりにあってそうそう、私と母が親子喧嘩のようなものをはじめた。あーだこーだとぎゃぁぎゃぁわめく二人の間に入って止めてくれたむろ。嫁と姑ならともかく、親子喧嘩だもんねぇ。大変だよねぇ、むろも。

次の日は朝から仕事。延々4時間会議をやった。なーんか、仕事が増えることになっちゃったよー。私としては、今年中に子供作って産んで、来年くらいにはさっさと引退して長年の夢だった専業主婦!なんて考えてたんだけど、どうやらそうもいかんらしい。あああ、めんどくさい・・。でもしょうがないよなぁ。引き受けちゃったわけだし・・。とりあえず、つわりでゲロゲロしながら、仕事していくしかないみたいねぇ。

会議終了後、フリータイム!むろと母ちゃんと一緒にベルリンの町を散歩。いや、しかし、暑かった!オランダもすごく暑かったみたいだけど、ベルリンは内陸だからもっと暑かったに違いないよ。まじで日射病になりました。(アルコールの取りすぎでいつも脱水症状気味の私)ベルリン旅行の写真もあるんだけれど、今ちょっと時間無いから、暇ができたらUPします。

ところで明日、子猫が二匹家にやってくるのだ!このホームページでも紹介した、「猫もらってください」のうちの子猫二匹がむろの上司の家にもらわれて行ったんだけど、その上司が旅行に行くので、ちょっとの間あずかることになったのだ。なんてったって一番可愛い盛りの子猫が二匹!Nicoとのからみなんかもかなり楽しそうだし!写真をがんがん撮ってUPするから、皆さん、どうか悶絶してください。ふふ。

 

  2002年6月14日(金)曇りのち晴れ!

 祝!日本&韓国決勝リーグ進出!!!

いやあ、うれしいなぁ。朝、日本がチュニジアを2−0で破って決勝リーグ進出を決めました。そして今さっき、韓国が優勝候補の一つだったポルトガルを1-0で破って同じく決勝リーグ進出を決めました!私の二つの祖国でおこなわれているワールドカップで、両国がワールドカップ始まって以来の快挙で同時に決勝リーグ進出を決めるなんて!こんなうれしいことはなーーい!あとは決勝戦で日本と韓国が戦ったりしたら、なんかそれだけでもう泣いちゃうかも。うふ。で、どっちを応援するかって?そりゃー、日本でしょ。だって中田ファンだもん、私。ほほほっ。

日本決勝リーグ進出決定で気を良くして買い物に出かけた。明日の京子ちゃんちでのBBQのための材料の買出し。ぷらす、そろそろ夏服を新調するか、と、洋服屋も見て回った。私は基本的に買い物があまり好きじゃない。(特に服の買い物が苦手)が、買うときは一挙にがーっと買う。それも1時間から2時間くらいで気に入ったものを値段もあまり見ずに(と言ってももともと高いところには行かないからたかが知れてるけど)、ひょいひょいと選んで試着もあまりせずに買ってしまう。だから後で「しまった・・。入らん・・。(汗)」ということが良くある。が、今日はちょっと慎重に、試着なんかもして、とりあえず4着くらい購入した。買い物もスムーズに済んだし、気に入ったものも見つかったので、気を良くして、「そうだ!マックでハンバーガー買って家に帰って韓国戦をみよーっと。」とアムステルフェーンのセントラムにあるマクドナルドに寄った。

列に並んで数分後、私の番が来た。「ビックマックとスプライトをテイクアウトで。」"I want to take out one big mac and sprite."とキャッシャーの兄ちゃんに伝えようと、口を開いた。すると"I want to take..."あたりで彼は私をさえぎってこう言った。

"I don't speak English."

ちょっとムッとしたがとりあえず、"One Big Mac and one Sprite, please ." とゆっくりと言い直した。すると、

"Sorry, I still don't speak Enlgish."(それでも、俺は英語を話せないんだよね。)

んだと?"STILL"ってなんだよ。英語はなせないやつがそんな言い回しできるわけないだろ。だいたい、オランダでもビッグマックはビッグマックだし、スプライトもスプライトだろ?かなーり頭にきて、「英語、ってほどでもないじゃない。ビッグマックと、スプライトよ!」と語気を荒げて言うと、両手を挙げて、"Soooory, I don't speak Enlgish."そう言って、彼は隣の列を指差した。ふざけんなよ!隣に並べって言うのか?なんじゃいそりゃ!頭来た私は「じゃあ、英語話せる人、呼んでよ。」と言った。すると彼は肩をすくめて隣の隣のお兄ちゃんに「この中国人の姉ちゃんが、オーダーしたいんだってさ。お前、英語話せるだろ。きいてやれよ。」とオランダ語で言うじゃありませんか。そのくらいのオランダ語なら私にだってわかるもんね。言われた兄ちゃんは私を手招きして呼んでいる。脳みそが溶けて耳から出るかと思わんばかりだった私は「あなた、ものすごーく失礼ね。」と最初の兄ちゃんに言った。すると彼は"I. DO NOT SPEAK ENGLISH."と繰り返した。はぁ・・。

呼ばれた兄ちゃんは私に向かって「私もあまり、英語うまくないんですけど。」と言う。いい加減にしろよ。だれもお前らと政治の話をしようって言ってるんじゃないんだ。私が欲しいのは、ビックマックとスプライト、それだけなんじゃい!ぶちきれそうになりながら注文してまっていると、さっきの兄ちゃんが私の次の客の注文を受けている。なんと、次の客はイギリス人らしきおねえちゃん。英語で「サラダとコーヒーとフレンチフライ。ドレッシングはサウザンアイランドね。」と言っていた。すると、あの兄ちゃん、「フレンチフライにマヨネーズはつけますか?」と英語で答えているじゃないの!!!!!!なんじゃい、今日はアジア人ボイコットデーかなんかなのかい????

オランダに住んで2年とちょっと。町を歩いていると「チャップチョイ!」(野菜炒め)だの「バビパンガン!」(酢豚)だの叫ばれたりしたりしたこともあるけれど、こんなにはっきりとした差別を受けたことはないわ。人ってあんまり頭にくると、言葉が出ないのね。なんか言ってやろうと思って兄ちゃんに向き直ったけど、言葉は出なかった。

あー、ほんっとに、むかついた。きっとあいつは今日、いままで弱小サッカー国だった日本にコテンパンにやられたチュニジア人なんだ、そーに違いない。そう思うことにした。

さて、気を取り直して。明日は京子ちゃんちでBBQ.日曜日から火曜日まで、ベルリン出張です。次の更新は水曜日!それまで皆様ごきげんよう。よい週末を!

 

  2002年6月13日(木)またもや雨。

hachi.jpg (20654 バイト) うさちゃんが送ってくれた写真。わかるかな?これ、蜂なのよ、全部!きゃーっ!なんで???

掲示板にもちょこっと書いたんだけど、最近ネット麻雀にはまっちゃって。やばいのよね、これ。仕事中にはじめちゃうと、30分は身動きとれん。麻雀っていっぺん始めると最低30分はかかるからね。ついでに1ラウンド(麻雀用語では一局と言う)始まっちゃうと、途中退席できないし。やってる最中に電話かかってきたりしたら、とたんにゲームはめろめろになってしまうし。でも面白いのよー。やっぱ麻雀はゲームなんかで一人でやるより、ちゃんと相手がいた方が楽しいのよー。

麻雀ってやらない人には、まったく何のことやらぜんぜんわかんないと思うけど、たとえばてんぱる(聴牌)を筆頭に、りーち(立直)、といめん(対面)、めんつ(面子)、りゃんめん(両面)、れんちゃん(連荘)、などなど、日常会話に普通に使われている言葉の中には麻雀用語がいっぱい。それぐらい、麻雀は日本の文化に入り込んでいるのさ。ほら、コタツの裏をひっくり返すと緑色の布がひいてあるでしょう?あれだって、コタツメーカーがちゃんと、麻雀をしている時に目が疲れないように、って緑色の布をひいたんだって。(実話)ちなみに、麻雀やるためにコタツ買うなら、縁の部分がちょっと高くなってるやつがいいわよ。

私が麻雀をはじめたのは、高校生くらいかな?最初は家族麻雀。うちはオヤジもよく麻雀をやるし、か〜ちゃんは昔実家が一時期雀荘を経営していたこともあって、彼女本人も麻雀ができる。で、教えてもらった。そのうち一番下の弟にも麻雀を教えて、4人でやれるようになった。オヤジはファミコンの麻雀ゲームソフトをパチンコの景品でとってきたりして、家族そろってファミコンで麻雀ゲームやったりもした。話はそれるけど、うちのオヤジは昔よくパチンコをやって、私も時々連れて行かれた。オヤジのひざの上に座って、パチンコをしたことも良くある。こう考えると私のギャンブル癖は全部オヤジから来てるな、こりゃ。

最初は家族麻雀だったのが、私が会社に入って、麻雀好きの上司に「私マージャンできるよ。」と言ったら「じゃあ今度俺たちの雀荘一緒に行くか?」と言われたのをきっかけに、雀荘にも行くようになった。初めて雀荘に行った時、ドアを開けた瞬間に中のオヤジがみんないっせいに私を見たのを覚えている。私が卓で「リーチ!」とか叫ぶとそこここで「りーちだってよ、りーちだってよ。」とこそこそと話しているのが聞こえた。若い女の子が(当時20歳)ビジネス街の雀荘でオヤジたちと麻雀してるのがすごく珍しかったのだろう。雀荘のおばちゃんは「こうやって麻雀打つ女の子が増えるといいんだけどねぇ。」といって、ものすごく喜んでくれていた。私にしてみると、好きな麻雀を、全自動の麻雀卓(麻雀はあのじゃらじゃらがとても面倒。)で、飯付き、その上勝ったらもらえるけど負けたら上司が変わりに払うというシステムつきでプレーできるんだもん、こんないいことはなかったな。しかし、昼間に雀荘のおばちゃんにカフェやら街角やらで出くわして、「あら、洋子ちゃん、今晩も来る?」って麻雀を打つポーズ(両手を前に出して親指と人差し指で牌をくるっとひっくり返す動作)をされるのには閉口したけど。

オランダにきて麻雀をすることがなくなってつまんなかったけど、旦那のむろが麻雀を打つことができてすごくうれしい。やっぱ麻雀は夫婦でやらんと面白くない。それに仲良しのとしみんも麻雀大好き。最近ではふみんごや由美子さんもそれに加わってる。どんどん「麻雀やりたい!」という人たちが集まってきて、来月には麻雀オフもするし、これからオランダの麻雀人口を増やしていかなくちゃ!いつか、「暇暇&猫部屋杯」を開催できるといいなぁ。

 

おませさん 2002年6月12日(水)雨。

昨日、「だめんずうぉーかー」という漫画を読んでいた。こんなの。この前日本に帰った時に、空港で「飛行機の中で読む本ないかなぁ?」と探して買った第一巻。これが、めちゃめちゃ面白い、というかつぼにはまる。内容は要するに「駄目な男を渡り歩く女たち」のドキュメントみたいなもん。読んでると、「ああ、いたいた、そういう男!」と共感できるところがたくさんで笑っちまう。ただいま3巻まで発売中で、3巻まで持ってます。(笑)ご希望の方はお貸ししますよーん。

マザコン・超ド級ケチ・性悪男と色々いたけれど、私が付き合った男の中で最悪な「だめんず」はなんと言っても二十歳から5年付き合った「たかちゃん」だね。なにが「だめんず」かっていうと、。それも半端じゃない。同じバイトで知り合った2つ上の彼は、最初は優しかった。(これが肝心ね)それに私への金の使いっぷりは半端じゃなかった。その当時には珍しく、デートに花なんて持ってきちゃうし、当然いつもおごりだし、旅行なんかも伊豆の「ホテル黒船」なんちゅう、たっかーい旅館にどーんとつれてってくれたりした。が、、それも2ヶ月で終わった。ある日、電話をすると「ちょっとお金がないから今日は会えないよ。」って言う。会いたい私は「そんな、いつも出してくれてるんだから、今日くらい私が出すから。」と言う。「そんなの悪いよ。」と渋る彼を説得してデートにこぎつける。当然その日のデート代は私もち。でも、今まで散々出してもらってたから、ぜんぜんOK!とバンバンお金を出してあげる。しかし彼はどことなく寂しそう。(ここもポイント。)

そして彼の家に行くと、机の上に広げられた一枚の請求書。横にはご丁寧にもきいたことあるサラ金会社の名前が書いてある差出人の封筒が。請求書の金額は300万円。慌てて彼を問いただすと、「実は、この前事故を起こして、そのぶつかった相手がやくざだったんだ。その時、弁償しろ、って言われて、でも金がなくて、そしたら今すぐサラ金行って運転免許証で金借りて来い!って言われたんだ・・。」と涙ぐみながら告白。彼とのあまーい結婚生活を(すでに)夢見ていた私は、「大丈夫よ、心配しないで!借金の肩代わりはできないけれど、あなたの生活を補助することはできるから!がんばりましょう!」と彼を慰めた。今考えると、そんな請求書がどーんと机の上にのっていたことも、彼のサラ金の言い訳も、怪しいもんなんだけどねぇ。ま、恋は盲目、っていうの?

それから、なんと私は5年間も彼のその言い訳を信じ続け、貢ぎ続けた。その期間に貢いだ総額は、想像したくもない金額だ。基本的にはデートのお金は私が出す、旅行も私、彼の誕生日やクリスマスには彼がその時に必要なものをプレゼント(たとえば車のタイヤ4本とか、眼鏡とか。)、当然私のプレゼントはなし。(5年間の中で彼にもらった唯一のプレゼントはミッキーマウスのぬいぐるみ1個。それもUFOキャッチャーで取ったくさいやつ。)なんと現金で10万渡したこともある。

なぜ、私は彼を信じ続けたか?それは「信じた」のではなく、「信じようとした」なのだ。いつの間にか、彼に貢ぐことが私の愛情になっていた。(これ、「だめんずうぉーかー」の典型ね。)いわゆる「彼はそれ以外はとてもいい彼」という心理だね。この辺の心理をちょっと分析してみよう。

1.やさしい。(お金を払ってもらってれば当然だわな)

2.私が行きたいところにどこにでも連れてってくれた。(もちろん運転するだけだけど)

3.「ちまちま働いてお金を返すより、どーんと一気に稼いで返したほうがいいだろう?」なんていう、男らしい人。(そういって月収30万円以上!なんていう言葉に乗せられて光通信なんちゅー極悪会社に(当時。今はしらん)就職して2ヶ月で辞めた。歩合制だったから結局もらった給料2ヶ月で12万。)

4.「この借金を返したら、結婚しよう。だからまっててくれ。」といつも言ってくれる誠実な人だった。(女に貢がせる男のどこが誠実や。)

要するに、彼が悪いのは、金運だけ。それさえクリアできれば彼は完璧なのよ!と信じようとしていたわけだ。実際、当時私は周りの友達にこれは「投資」だ、とさえ言っていた。

結末はあっけなくきた。私がアメリカ大学留学を決めて、彼にそれを伝えて数日したある日、ぬきうちで彼の家に行ったらがいた。それも彼のベッドに彼と一緒に寝ていた。部屋から彼を引きずり出して問い詰めた。「確かに私はアメリカに行くけど、必ず帰ってくるって、言ったじゃない。あなただって『待ってる』って言ったじゃない。それなのに、なんでもうこんなことするの?」と言うと「だって、さびしかったんだ。」と。そうか、忘れてた。彼は私が必要なんじゃなくて、お金を持ってる私が必要だったのよね。私がどっか行っちゃったら彼の空の財布にそっとお金を足してくれる人を探さなきゃ駄目よねぇ。不思議なことにそう気がついたらあっけなく、別れることができた。

彼に貢いだものはすべて、そのままにして私はアメリカに渡った。高い授業料を払ったと思えばいいのよと自分に言い聞かせた。彼はその後その時の女に子供ができて結婚(彼女が彼の親に妊娠を電話で伝えたらしい。)その後会社の金を使い込んで首になってタクシーの運ちゃんになり、最初の子供が生まれた次の年にまた妊娠していて実家に帰っていた奥さんの目を盗んで新しい女を家に引っ張り込んでいたのを現行犯で捕まって離婚。その後その新しい女と結婚して、今は千葉のどこかで新聞配達をしながら暮らしてるとか何とか・・。「だめんず」の鏡のような男だね。あー、良かった。5年で気がついて。あやうく今頃子供3人くらい抱えて借金もちの浮気男の新聞配達の手伝いでもしてるところだったよ。

人生って何があるかわかんないよねぇ。(あれ?これ、日記じゃないよなぁ?)

 

2002年6月11日(火)曇り。

ご覧の通り、日記を変えました。今まではレンタル日記だったけど、今日からこれです。何でかって言うと、今までのだと字数制限があったり、画像を貼り付けるのが面倒だったり、フォントや色なんかも変更がちと面倒だったので。ぷらす、あの日記のデザインに飽きた。でも本当の理由は、こういう風な書き方だと、書くことがないときに行間数を大きくしたりとか、ごまかしがききやすいからなのだ。実はこれが一番の理由かな?

なんか私の友人の周りでホームページ新設やらリニューアルやらが続いてるのに感化されて、私も色々変えてみたくなった。仕事もせんと、昨日からごちゃごちゃとやってます。ホームページって、自分の部屋と一緒で、定期的に「どーん」と模様替えしたくなるんだよね。後、他人の家に遊びに行ってその子の部屋のレイアウトとかがすごく素敵だったりすると、「私もやるぞっ!」って気合入れて自分の部屋の模様替えをしたくなったりする。もともとのセンスが違うんだから、結局大して前と変わんなかったりするんだけどねー。はは。で、変わったのはオランダ百景のページを独立させたことと、お気に入りという部屋を作ったこと。まあ、切ったり張ったりしただけで大したことしてないんだけど。気分の問題だからね。こういうのは。本当はもっと大々的に色々と変えてみたいんだけど・・。そうすると収拾つかなくなりそうだから、やめとく。

そうそう、昨日、とうとう40000ヒット!しました!ありがとー!ほんとに、うれしいです。キリ番切ったのがむろだった、というのが「じつは身内しかみてない?」なんて不安になっちゃったけど、ま、さすがに1年半で4万だったらそういうこともないか。京子ちゃんちみたいに2年で10万ヒットはちょっと難しいけど、地道に、これからも皆様がこのHPを見ることを毎日の日課としてもらえるように、がんばるわー。

ホームに戻る。日記トップのページに戻る次の日記へ