Croatian Cuisine

この旅行で私たちが食べたもの。

イカのソテー。ぷりぷりして美味かった。醤油とご飯ください、って感じの味でした。

   

イカのソテーと小いわしのから揚げ、イカ墨リゾット。ここのイカ墨リゾットはまるでおじやみたいだった。

 

   

向こうがタコのサラダ、手前がエビのグリル。美味しかったけどエビの殻むくのが非常に面倒臭かった。(むろ談)

 

イカ墨リゾット。レストランによって全然味も中身もお米の硬さ(柔らかさ)が違う。

 

 

 

小エビのパスタ。塩味で美味い!

 

エビのソテーと言うのを頼んだらこれが来た。黄色いのはマッシュポテト。

ピラフみたいなエビクリームリゾット。付け合せのサラダも美味しかった。ここいらのトマトはみんな完熟。

 

フェットチーネのオマールエビのグリル添え。エビの身が少なくてむろとあわや喧嘩に?!。

オマールエビ一匹ホテルで頼んでみました。1キロって書いてあったけど、実際食べれるのはこんだけ。でもぷりぷりしててうまいぞ。

 

たまにはピザも。一つでたりるよ!とむろは言ったが私が強行手段に出て2枚頼んだ。やっぱり思いっきりあまった。ピザも本場イタリア顔負けに美味。

 

ホテルで頼んだハッシュドビーフ。付け合せのライスがいまいちだったそうだが、肉は美味かったって。ポテトコロッケが美味かった。

 

魚介類に飽きて頼んだペッパーステーキ。目の前でフランベして仕上げてくれました。肉が柔らかくてとっても美味しかった。ブランデーソースも最高。付け合せのズッキーニのフライはかなりいけてた。

 

りっき用に頼んだアスパラガスのリゾット。「お米を柔らかくしてください。」とお願いしたんだけど、どうしても「SOFT(柔らかい)」という英語が伝わらなくて結局普通の硬さで来た。硬かった。(涙)

 

これが噂のロジャタです。見た目も味も日本のカスタードプリンと全く一緒。ほかでも食べたけど、かなり上出来なプリンって感じよ。おすすめ!

デザートの欄に「コーヒー」ってあったから頼んでみたら、これが来た。案の定コーヒー自体も激甘。

 

クロアチアで多分これが一番有名なビール?大体どこに行ってもこれでした。ヨーロッパのビール大国たちに負けないくらい美味しいビールだった。

国立公園でとまったホテルで食べた鱒。国立公園内の湖にたくさん鱒がいて、泳いでるのを見てたらぜひ塩焼きで食べたいと思ってたんだけど、やっぱりソテーになってしまうのね。できれば醤油かけて食べたかったです。

 

むろが頼んだクロアチア風ステーキ。クロアチア風は肉より付け合せの野菜が多くて目玉焼きが乗ってるって所ですかね。むろ、グリーンピースとにんじん嫌いなんですけど・・。

 

クロアチアの食事は総評してとても美味しかった。イタリア料理の影響がかなり強くて、イタリアン大好きな日本人の口には合うのではないでしょうか。だけど、クロアチア料理を食べたい!って思っても、メニューにあるのはこんなのばかりで、結局本当のクロアチア料理(があるとするのなら)は食べてないと思います。ただし、一つだけいいたいことは、コーヒーがすごくまずかったってこと。・・というか、私たちが飲みなれているフィルターコーヒーが、すごくまずかった。多分クロアチアではコーヒーと言えばエスプレッソで、ホテルとかで観光客用に出してるのがフィルターコーヒーなんだけど、まるで「石鹸水でも入れたの?」ってな味がした。もしかして昨日のコーヒーがおかしかったのかも?と思って次の日も念のため頼んでみたけど駄目だった。でもエスプレッソじゃいまいち朝強すぎて駄目、って方には「ネスカフェください」って言えば、いわゆる日本のインスタントコーヒーが入れられてきます。その方がまだ全然ましでした。レストランによっては「フィルターコーヒー・エスプレッソコーヒー・ネスカフェ」とメニューに明記されてるところもあります。アイスコーヒーもあるところもあるけど、激甘です。

こんな感じの食生活してました。